バイカラーの家

サイトマップ

平屋の注文住宅で安心な子育てが出来る環境づくり

クラフトペーパーの家

家というと2階建てを想像する人もいるかもしれませんが、平屋建ては階段がなく、小さな子どもが落下する、という危険性を防げる、いわば子育てに適した家とも言えます。しかし平屋建てのプランは少なく、建売住宅で平屋建てを見ることはかなりレアなパターンです。そこで平屋建てを選ぶのであれば、注文住宅で家を建てる、ということも1つの方法です。
注文住宅は業者へ依頼することで建てられますが、実際には業者の平屋建てのプランもあまり多くはありません。そのためどのような平屋建てにしたいのか、ということを考えてから業者に相談すると良いでしょう。例えば平屋建てで部屋数を増やすためには、それなりに土地が必要になりますが、必ずしも広い土地を確保することは難しいです。そこでロフトを子ども部屋に設置することで収納と就寝スペースを確保したり、奥行き40㎝程の壁収納を廊下に取り入れることで部屋に物を置くことを防ぎ、部屋を広く使うことも出来ます。
このような希望を取り入れるためには、注文住宅で家を建てる、という選択肢がベストであり、子育てに適した家を建てることを可能にします。家は広ければ良い、という訳ではなく、使い勝手の良い家の方が生活はしやすいです。良い家を建てられるように、どんな家にしたいのかをイメージしておきましょう。

コストを意識しながら注文住宅を建てるコツ

最近では人件費の高騰などの事情もあり、一般的な建売住宅の価格も上昇しています。しかしローコストの業者を活用すると、独自設計の注文住宅も低予算で建てることができます。低価格帯の注文住宅は業者へ依頼するときには、前もって情報サイトで施工実績や地域の評判を調べるべきです。知名度のない地元の施工会社であっても、保証体制がしっかりとしていれば、安心して発注することができます。ローコストの注文住宅を建てる場合の情報収集は、個別のハウスメーカーのウェブサイトを訪問することからスタートします。そしてウェブサイトで資料請求をした後で、モデルハウスを訪れて担当者と直接相談するのが次の段階です。基本となるプランに加えて太陽光パネルなどのオプションを組み合わせることが、家づくりを成功させるためのカギになります。現在の家族構成に合わせてプランを決める人が多いですが、子供の成長や両親との同居なども考えて業者に設計してもらうのがポイントです。部屋の分割や設備の移動が容易なプランは、子育て中の世帯にも非常に適しています。そして家を建てた後は定期的に修繕工事を行うことが重要であり、長期的な管理コストも考えて施工プランを選ぶ姿勢も求められます。

30歳までに家を持ちたい人に最適な注文住宅とは

住宅ローン金利が低下しているために、最近では30歳までに家を持ちたいと考える人も増えています。特に建物の間取りや広いガレージなどにこだわりを持つ人は、注文住宅は業者へ依頼したいと強く希望しています。自己資金やローンの返済について相談できる業者を活用することが、収入と支出のバランスを考えて注文住宅を建てるための基本です。しかし無理のない範囲で家を建てる場合であっても、広いリビングルームや子供が遊べるスペースを確保したいと誰もが考えています。じっくりと相談できることはもちろんですが、土地探しも依頼できる業者を活用することが、理想の住まいを実現するための必須条件です。従来型の工務店に注文住宅の施工を依頼するケースもありますが、最近ではローコスト住宅が主体の業者を活用する傾向が顕著です。ローコスト住宅を建築する業者は、資材を工場であらかじめ加工しており、着工から完成までの所要時間も短いです。そのために子供の入学のタイミングに合わせて入居したいと考える施主は、作業が迅速なローコストの業者を選んでいます。また過去の施工事例の間取り図を参考にすると同時に、積極的に工事現場を見学して、慎重に建築プランを決めるのが最近のトレンドです。

そこでお勧めなのが、「ベルクハウス」です。ベルクハウスでは、建設コンペ方式を導入しています。最低3名以上の建築家とのコンペ・プレゼンによりあなたに新たな創造性、思いがけない発見をもたらし、理想の住まいを現実のものへと進化させます。複数の建築家が違う目線、違う技術、違う感性で答えを探ればそれだけたくさんの住まいづくりができます。そこからベストな一案を選択します。注文住宅をつくる際は「ベルクハウス」で素敵なマイホームを建てましょう。

News

希望を取り入れた注文住宅を建てよう

注文住宅と建売住宅の大きな違いに、希望を取り入れることが出来るか、ということが挙げられます。フローリング1つにしても、高価な物を使わない建売住宅に対し、素材も選ぶことが出来る注文住宅は、施工主の希望をふんだんに取り入れることが可能になります。そんな希望を叶えるために、注文住宅は業者へ依頼して建てることになりますが、業者を選ぶ前に、業者の特徴を事前に調べておくことが重要なポイントになり…

注文住宅なら理想の家を建てることが出来る

漠然とこんな家に住んでみたい、と思い描いていた理想の注文住宅はありませんか。そんな理想の注文住宅は業者へ依頼すれば建てることが出来ます。マンションと違って注文住宅では、一から建設に携われるので使う木材や断熱材、窓の数やドアの仕様など、すべてに関わってこだわり抜いた家を建てることが可能です。注文住宅にはフルオーダーとセミオーダーという種類があります。フルオーダーでは、前述の通り、木材や断熱材な…

注文住宅は目先のデザインだけにとらわれないようにしよう

家と言えば一生に一度のお買い物、叶うなら自分の好きなデザインで建てる注文住宅をと考える人も多いことでしょう。それでは注文住宅と言えばどんな家をイメージするでしょうか?大きなリビング、大きな窓のある明るい部屋、そんな住宅を頭に浮かべる方も少なくないと思います。しかしそのような一般の方の建てたい住宅と実際にプロが考える良い住宅には乖離があります。例えば大きなリビングや大きな窓ですが、建物の強度は…

暮らしのスタイルに合った注文住宅を建てるコツ

設計の柔軟性が極めて高い注文住宅は業者へ依頼するときには、施主自身が間取りや設備の内容を決めるのが理想的です。しかし初めて家を建てるときには、どのような間取りが最適なのかよくわからないのが正直なところです。そのために注文住宅を建てる予定の人たちの多くは、まず最初に地元の住宅展示場を訪れています。展示場では様々な建物を見学できるうえに、常時開催しているセミナーなどのイベントにも参加できます。そ…

TOP